断熱塗料と呼ばれるもの

断熱塗料と呼ばれるもの

断熱塗料と呼ばれるもの 外壁塗装用の塗料は一般塗料と機能性塗料と呼ぶ2つの種類に分けられています。
一般塗料はシリコンやフッ素樹脂、アクリルやウレタンなどがありますが、これらの違いは塗料に含まれている樹脂成分の違いで、耐用年数なども変わります。
これに対して機能性塗料は、一つの機能を強化したもので、自己クリーニング機能を持つ光触媒や太陽の光を反射させる、もしくは吸収を抑えるなどの効果を持つ遮熱塗料や断熱塗料などがあります。

熱をシャットアウトしてくれるので、夏時期の猛暑の時でも熱が内部に入りにくくなるなどのメリットがあるわけですが、外壁塗装などでの断熱塗料は誇張表現も多いので注意をしなければなりません。
こうした塗料を使うと外壁に当たる太陽光線の熱はカットされるため、外壁が熱くなることもありませんし、外壁の温度が上がらない関係からも、室内に熱が伝わりにくくなります。
そのため、エアコンの設定温度を下げずに済む、電気代の節約に繋がるメリットを持っています。

外壁塗装の工費のズレを無くす見積もり方法

高品質の外壁塗装で大切な住まいを保護する 定期的に外壁塗装を行うことは、家屋のオーナーにとって義務といえます。
実施すれば見た目も新しくなりますので古い家でも見違えることでしょう。
ただそれだけがメリットではありません。
住まいそのものを保護するこそが外壁塗装の役割に他なりません。
住まいの壁は日光や雨といったものに日夜晒されているものです。
数日程度なら問題ありませんが、何日も何年も同じ状態に置かれていると当然経年劣化していきます。
紫外線は多くの物質を変質させますから特に要注意です。
また壁のひび割れから水が入ることによって腐食することも珍しくありません。
これらから建材を保護するためには外壁塗装により塗膜を張り替える必要があります。
壁を新しい塗料で覆うことによって損傷を修復し、紫外線などに対する耐性も与えてくれますから大変有益です。
目安としては10年前後の再施工が必要になりますが環境や建材の種類にとってはその限りではありません。
まずは現状を見極めつつ専門店の選定を進めていくべきです。

新着情報

◎2020/8/3

色合いと業者の選び方
の情報を更新しました。

◎2020/4/14

リフォームにおける大切なポイント
の情報を更新しました。

◎2019/2/7

外壁塗装の塗料の種類とメリット
の情報を更新しました。

◎2018/10/10

コスト比較は塗料の違いを見る
の情報を更新しました。

◎2018/6/1

断熱塗料と呼ばれるもの
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

外壁塗装の剥離を行ってから
の情報を更新しました。

◎2017/12/1

外壁塗装の前の高圧洗浄
の情報を更新しました。

◎2017/10/6

サイトを公開しました

「塗装 断熱」
に関連するツイート
Twitter